スポンサードリンク
Buzy Sushi Bar

星3コ

お料理★ゲーム
Buzy Sushi Bar

寿司バーでお客さんの注文のお寿司を握るお料理ゲームだよ。
Play Count : 8,364
スポンサードリンク
ブックマーク登録 ≫ Yahoo!ブックマークに登録する  はてなブックマークに登録する  livedoorクリップに登録する  FC2ブックマークに登録する  Buzzurlブックマークに登録する  newsingブックマークに登録する  イザ!ブックマークに登録する  del.icio.usブックマークに登録する  ニフティクリップに登録する
ひまクマ
このゲームはおもしろかった? 
 よかったら評価コメントを記入してください。
  ※ゲーム以外の会話はご遠慮ください。
なまえ  「おなまえ」を入力してください。 ←16文字以内で入力してください。

評価・コメント
 「コメント」を入力してください。
 


Arturo 〔 2015-10-11 08:33:54/ 9891c4d2〕
Just the type of insghit we need to fire up the debate.
シホ 〔 2012-06-17 10:36:54/ 3e7b123e〕
クローバーさん丶すごピー
シホ 〔 2012-06-17 10:27:52/ 3e7b123e〕
やったぁ、128点だよーー
ちょこれぃと 〔 2012-02-22 12:30:07/ ca5b8fdd〕
飽きるわ~ てか、こいつらよく食べるなぁ
みゆゆん 〔 2011-05-29 20:23:49/ 4ffaf121〕
アスカさんすごーい!!!
アスカ 〔 2011-04-17 14:04:01/ 20cb5ac3〕
1000点だよーー^-^
北川未海 〔 2011-04-01 11:03:54/ 4fbe1bc1〕
む・・・ずい
(♥≧∀)*♪ホナミ♪*(´艸`♥) 〔 2011-03-19 10:51:03/ 53d708ad〕
パスクル…
小三これホント 〔 2011-01-07 11:45:31/ b8c9dcab〕
むずー
梨緒奈 〔 2010-10-31 11:41:19/ f20a2b76〕
562点いったーょ*
クリン 〔 2010-08-26 07:57:32/ 7e98edca〕
むずーーーー
モルモット 〔 2010-08-08 15:49:13/ d9764226〕
このゲームも英語かよ!
あかり 〔 2010-08-01 18:06:41/ 1529dc82〕
ムズイ~~
( ̄ー ̄?).....??アレ?? 〔 2010-07-21 19:12:47/ c082c9cf〕
デきひんノンさん同感
あい 〔 2010-06-18 22:21:48/ 6414490f〕
けっこう、むずいww
たまっち 〔 2010-03-30 11:46:52/ cf664e27〕
できん
ねこみみ 〔 2010-03-28 16:31:09/ 08793413〕
あまりおすすめはしませんね・・・
koko 〔 2010-03-17 18:28:46/ 9697795b〕
チョー楽しかった
クローバー♪~ 〔 2010-03-14 19:18:33/ fc14ccd7〕
4649 よろしく
いーたん 〔 2010-03-01 22:47:09/ 9fac6d53〕
意味わかんないでこっちはやってるのに注文がこないからって怒るんじゃねー(怒)
きのこ 〔 2010-03-01 13:35:41/ ea4a99a9〕
確かに意味わかんない
相葉ネコ 〔 2010-02-27 18:20:54/ 851cd51c〕
意味不明(@m@?)!!!

その他のおもしろ女子ゲーム


【ファッションまめ知識】
寿司って?
寿司(すし、鮨、鮓)と呼ばれる食品は、米飯と主に魚介類を組み合わせた日本料理である。 大別すると、酢飯と生鮮魚介を用いた「早鮨(早ずし)」と、魚介類を飯と塩で乳酸発酵させた「なれ鮨(なれずし)」に区分される。 そのなかでも代表的な寿司は前者の握り寿司(江戸前寿司)であり、多くの諸外国でも“sushi”で通じる料理となっている。 (詳細は、各々「江戸前寿司」「なれずし」を参照) 言葉 初期の用例 『延喜式』の中に年魚鮓、阿米魚鮓などの記述がある。 用字 「すし」には「寿司」「鮨」「鮓」の字が使われる。このうち「寿司」は好字を使った当て字である。「鮨」「鮓」はいずれも、本来は別の魚料理(「鮨」は「うおびしお」、「鮓」は「つけうお」、より詳しくは寿司#寿司の起源へ)を意味し、「すし」の意は国訓である。 「寿司」と言う表記は、京都で朝廷へ献上することを考慮し使われるようになった。江戸では「鮨」、大坂では「鮓」の字が使用された。 語源 「すし」の語源は江戸時代中期に編まれた『日本釈名』や『東雅』の、その味が酸っぱいから「酸し(すし)」であるとした説が有力である。